My 365 LIFE

主に Office365 / Teams / EMS / Windows 10 の利活用ネタや技術的備忘録など。

女性のキャリア・ライフイベントとの付き合い方

先日イベントに参加してきた内容のサマリと、私なりの女性のキャリアイベントの必要性について書きます。

 

参加したイベント

f:id:matsuko365:20181212154004p:plain

Codess Japan

どんなイベントかというと(上記リンク引用)

「Codess」とはマイクロソフトが主催する女性コーダーのためのコミュニティで、エンジ ニアリングの領域でジェンダーダイバーシティを推進するために設立されました。

「Codess」は女性コーダーをインスパイアしプロフェッショナルとして成功するための支 援を行います。

ネットワーキングイベント、メンタリング、アドバイスや経験の共有を通して、私たちは 他にない女性のためのフォーラムを開催したいと考えています。

・IT業界の様々なプロフェッショナルとつながり、ネットワーキングの機会が得られます

・多様なキャリアを歩むIT業界の女性から、今後のキャリアのヒントを聞くことができま す

・テクノロジーに携わる女性同士で交流や情報交換ができます

とあるように、女性コーダー(今回はテクノロジーに関わる女性という括りでした)のためのコミュニティです。日本だけでなく世界中でこの取り組みは行われているそうです。

 

イベントの内容サマリ

Linked in 村上さんをオブザーバーとして、テクノロジーに関わる女性4名のパネルディスカッション、Microsoft 榊原さんによる今後のテクノロジー動向(AIに関わるものでした)、グループディスカッションと大きく3つの内容がありました。

個人的にはパネルディスカッションがとても身になりました。ライフイベントとメンタルのバランスの大切さや、キャリアを築いていくことへの障壁と乗り越えかた、あとは自分の好きなことや達成したいことを言語化できる方が多くイベント終了後には前向きな気持ちで帰れたのがすごく印象的でした。なんならもっと時間とって聞きたかったくらい。

 

女性のキャリア・ライフイベントとの付き合い方

同部署に産休に入られた親しい先輩がおり、育休中にお会いした際にこんな事を言われたんですね。

「○○さん(名前)だから、きっと分からなければ調べて勉強もすると思うのだけど、このライフイベントだけはどれだけネットや本で調べて勉強しても正解がなかった」

仕事も超出来て、メンタルもタフな先輩からこの一言、出産・育児については根をあげそう、と言うコメントは私にとっては衝撃的でした。

 

「Codess」のイベントでもお話しが出ていたのですが、やはりメンタルに関わるリズムの波が月毎にあったり、キャリアを築く上でも「ロールモデル」になり得る全体数の少なさ、バランスを保つのがただでさえ難しそうな「仕事・育児」、キャリアの一時中断を余儀なくしなければいけない、等々、聞けば聞くほど「今のまま働き続ける」ことがすごく難しいように思いました。

 

実際、私も数年前に自分のキャリアに大きく関わる出来事があった時、上司や周りが表面的には協力的なようで実は影で散々噂話や過剰な配慮をされてすごく嫌な気持ちになりました。(あまりにも常識的な対応ではなく、目に余る言動だったので最終的には別部署の先輩から助言を頂き、然るべき対処をしました。。。)

でも、今思い返すとそういった事象に関わったことのない人は男性・女性問わず、どういう振る舞いをするべきか、どこに相談をすべきなのか、それが会社として整ってなかっただけ?とも思ったり。これもまた正解のない問題だったのかもしれません。むしろ、そういう事をされて嫌な気持ちになっている事さえも向こうは分からなかったのかも?などなど、あの時、何をどうすることが自分や周りにとってより良い答えが出せるのか分かりませんでした。

 

なので、会社にライフイベントに関する相談窓口やこういったことへの経験が豊富なマネージャーなどがいない場合、情報はどうしても社外から取る必要があると思います。

女性自身にとっては、いつ何が起きるか分からないライフイベントだからこそ、自分に関わる情報や相談先はいくつかあったほうがいい。ネットや本に答えがなかった、という先輩の発言を聞いて改めてそう思うようになりました。

出産・育児に正解がない中、キャリアを如何に積み上げるかなんて同時には考えられない(と色んな話を聞きそう思っている)。そんな時に、気軽に相談できる関係の人やそういった取り組みのある会社に移る等々の手段を検討する等、余力のある内から描く準備(その手段としてイベント利用)をしてみるのが良いと個人的には思います。

 

あとは特に部下に女性を持つ可能性のあるマネージャーにもこういう機会があればもっと良いと思ってます。管理職だけがキャリアの積み重ね方ではない時にライフイベントが重なる人に対してどのように接するのがいいのかは幾つかの会社を経験して特に思うことです。

(話は脱線するけどこういうイベントに行く度に思うのは、マネージャーはやっぱり如何にタレントをマネージメントして、どういうキャリアを積み重ねるのか一緒に考えたりするのが一番大切だよなぁ。。)

 

まとめ

キャリアを積み重ねるうえでライフイベントとの付き合い方はすごく重要で必ずしも「今のまま働き続ける」必要はないのだと思います。都度、環境やキャリアを見つめなおし、継続的にキャリアを積み重ねる上では環境や職種を変える勇気ももしかすると必要なのかもしれません。また、「メンタル」とのバランスが一番大事なキーになると感じたので参考になりそうなイベントには継続的に参加したり、周りへ発信をし続けたいと思います。

またこういった話題に関しては「女性だけ」のイベントが多いのも事実なので、性別関係なくこういうのを見つめなおす機会やコミュニティがもっと増えるといいな、と思っています。